2017.01.24 | INFORMATION

洗い流さないトリートメント、ミルクタイプとオイルタイプの違い♪

BLOGをご覧いただきありがとうございます!

今回はよくお客様から質問を頂く、

「洗い流さないトリートメントを使いたいが、ミルクタイプとオイルタイプ、

どちらを使えばよいのか??」という疑問について書かせて頂きます♪

 

洗い流さないトリートメントというのは

焼き物を調理する際も油をひくと焦げにくくなるように、

髪にも油分や水分を与えることででドライヤーやアイロンの熱から守り

焦げて(水分不足)パサつきやすい状態を防いでくれる効果があります!

 

そのなかでも、

☆ミルクタイプがオススメの方

・ダメージがあり、毛先がパサつきやすい方

・乾燥でまとまりにくい方

・パーマをかけている方

ミルクタイプには油分のほかにオイルタイプよりも多く水分が入っており、保湿を目的としています。

お肌と同じで乾燥した髪に油分だけ与えてもしっとりしません。

やはり水分が必要です!!!

特にパーマをかけている方にはミルクタイプが絶対にオススメです♪

パーマは完全に乾かし過ぎる状態よりも、少しだけ水分が残っている状態のほうが綺麗な形を再現できます!

ミルクをつけることによって水分を与えながら乾かすことが出来るのです!

パサつきがあり広がってしまって上手くまとまらないとお悩みの方はぜひおためしください!!

 

☆オイルタイプがオススメの方

・艶を与えたい方

・湿気で広がる癖を抑えたい方

・静電気でお悩みの方

オイルタイプは髪のコーティング機能が抜群です!

髪の表面に疑似キューティクルのような膜を作り艶とサラサラの手触りを与えてくれます。

特に湿気で広がってしまう方には水分量が少なく表面をコーティングしてくれるオイルタイプは

絶対オススメです♪♪

最近艶がなくなってきた、サラサラ艶々にしたい方はぜひおためしください!!

 

洗い流さないトリートメントというと

「ペタッとするから・・・」「しっとりしすぎてしまう・・・」

と思われる方もいらっしゃると思います。

しかし髪質にあったものを正しい量、つけ方で使用して頂くことでご自宅でも

サロンでの仕上がりを再現することが出来ます♪

是非髪質でお悩みの方はサロンでもご気軽にご相談ください(*^^*)